こんにちはifc北千住店の豊里です。

そろそろゴールデンウィークも近くなりご旅行も控えてる方も多いとおもいます。この時期から多くなるのがお水のトラブルです。皆さんもご存知だと思いますがiPhone6s以降の機種は耐水機能が備わっています。たたしあくまで耐水であり防水機能ではありませんのでご注意ください。iPhone7からiPhoneXの防水規格はIPX7等級です。

規格上の説明では【規定の圧力、時間で水中に没しても水が浸入しない】【水面下15cm~1m、30分】となっておりますがそこまで耐えられない事が多いです。過信せずに水場の利用は注意してくださいね(^^)/

実際に水没修理でお持ちいただくiPhone7などは洗い物をしている時におとした、トイレに落としたで不具合が出てお持ち込みいただくことが多いです

嫌な画像ですね….(*_*;

もし水没してしまった時の対処法

1、基板をショートさせないように電源を落とす。

2、ケースやカバーを外してSIMカードを抜く

3、水分をよくふき取る

4、乾燥させる

5、近くの修理店に持ち込む

と早めに修理依頼をしていただくことで復旧率も格段に上がります。

お店の処置としては、専用の溶剤で基板を洗浄しサビや腐食を取り除き各パーツの点検を行い交換が必要なパーツ割り出し復旧させるという流れです。

復旧ができない場合は残念ながら基板のicチップがショートしてしまい電源が立ち上がりません….( ;∀;)

そんな状態でも、預かりになりますが基板修理のメニューもございますのでご依頼いただければ基板修理で改善することも出来ます。

大事な写真、大事なデータはお金では買えない物ですので定期的なバックアップをお勧めします。