iphone5sは一年程度は異常無く使用ますが、

一年半も経てば充電の持ちが悪くなる場合もあります。

繰り返し繰り返し充電をしているので劣化してしまいます。

バッテリー自体の劣化から起こる主な症状に、
充分な電池残量にも関わらず、急に電源が落ちてしまうというものがあります。

これは十分な電気を蓄積できなくなっていることから起こる症状なので、
電源は再度立ち上がりますがすぐにまた同じように電源がきれてしまうことが続くでしょう。

充電式の電池も消耗品なので寿命があります。

快適にiPhone5sを使うためにはバッテリー交換をお勧めします。