フレンド北千住店の豊里です。
iPhone6s以降は耐水・防塵使用ですがあくまで耐水なのでご注意下さい。
充電部分や、イヤースピーカーなどから水は侵入して本体内部まで入っていきます。

水没してしまったら…

 

  • 電源が落とせるようなら電源を落とす
  • 充電しない
  • 早めに修理屋さんに持っていく

濡れた状態で通電してしまうと写真のようにパーツや基板がショートしてしまい復旧できなくなる事が多いです。

水没修理で復旧できなくても基板修理でデータ復旧できる事もございますが、修理後のiPhoneは不安定な状態になる事もあります。

そうなる前にバックアップはしっかり取っておきましょう(^o^)/